廣岡 陵さん

2018年2月から豊後大野市の地域おこし協力隊になりました、廣岡 陵です。廣岡 陵は、本名ですが、ビジネスネームとして廣岡のり巻という名前を使っています。みなさん、「のり巻」と覚えてください。なぜのり巻なのかは…皆様とお会いしたときにお話しましょう。
大分県日出町出身の30歳です。子どもの頃は、海で釣りをしたり、山菜を採って夕飯として食べたりしていました。自分で釣った魚を食べる、裏山で摘んだ山菜を食べるというところから料理することに興味がわき、20歳で料理の道を選びました。料理の道を志してから10年間、和食を中心に料亭、ホテル、寿司屋などで修業をしてきました。
豊後大野市へは釣りで訪れた際、“このようなキレイな川や自然が豊かなところに住みたい”と思ったのがきっかけで、「将来、自分のお店を出すなら豊後大野にしたい」と思っていました。ちょうどそのころ、自分の将来を見つめ直す機会も重なって、豊後大野市へ引っ越すことを決めました。
そんな折、偶然にも知人を通して、地域おこし協力隊としてゲストハウスLAMP豊後大野の料理人を募集している話を聞き、応募しました。
地域おこし協力隊としての活動は、ゲストハウスLAMP豊後大野での料理の提供と運営、さらには地域の情報発信です。自分の持ち味でもある和食をベースとした地元・豊後大野の野菜やシカ・イノシシを使ったジビエ料理を提供することで、もっと“豊後大野”を知ってもらいたい、素材本来の美味しさを伝えていきたいと思います。今後は、地元の皆様も楽しめるような料理企画を考えていますので、ぜひゲストハウスLAMP豊後大野へ足を運んでみてください。わたくし、のり巻が「おいしすぎて病みつきになるような料理」で皆様をおもてなしいたします。
よろしくお願いします。

LAMP豊後大野での廣岡さん
LAMP豊後大野での料理

TOP